造る – 景観建材データベース

沖縄の植物

屋敷林・敷地内緑化等

沖縄の植物は、亜熱帯性気候のもと、在来種であるフクギやガジュマルに代表される常緑の広葉樹や、ハイビスカスやデイゴ、ブーゲンビリアなど色鮮やかな花木があり、これらの植物により構成される特徴的な景観は、沖縄らしさを感じさせる重要な要素となっております。

高中木
屋敷アプローチ


沖縄の植物を知る

植物の種類

植物には形態的な分類として高木、中木、低木、草花などがあります。それぞれの植物に適した陽当り・温度・湿度・土壌などの環境条件があります。沖縄の自然環境に合った樹種を選定し、生育具合に応じた水やり・施肥、勢定を適切に行う必要があります。

植物の種類


在来種

古くから沖縄県内の土地に育成している固有の植物です。ビロウ・フクギ・ヤエヤマヤシなどがあります。

在来種


外来種

県外から移入された植物です。沖縄海洋博覧会の頃に多く移入されました。
ホウオウボク・アラマンダ・ブーゲンビリアなどがあります。

外来種


育てて果実を楽しむ

亜熱帯気候である沖縄では多数の熱帯果樹の果実を楽しむことができます。

育てて果実を楽しむ


中高木の種類

アガギアダンイヌマキオオハマボウオヒルギガジュマルカンヒザクラクロヨナコガネノウゼンコウバテイシソテツタブノキデイゴテリハボクトックリキワタナンバンサイカチハスノハギリビロウフクギホウオウボクホルトノキモクセンナモンバノキヤエヤマヤシリュウキュウコクタンリュウキュウマツ


低木・草花木の種類

クロトンゲットウサンダンカケラマツツジツワブキブッソウゲ


ページの先頭へ戻る