学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

糸満市立糸満小学校(平成25年度)

見つけよう!糸満のいいところ(ハーレー探検隊)

イメージ:自然海岸


学習のねらい
  • 糸満市が誇る「糸満らしい風景」を、子供たちが気づき、自ら守り育てていく。
    風景学習は、子供たちの「風景」に対する意識の芽生えを目的とする。
  • 糸満の伝統行事のハーレーの由来やひみつを知り、体験活動や調べ学習を通して、糸満のよさに気がつき、地域への誇りと愛着を深めることをねらいとする。
  • 糸満大綱引の伝統や歴史、それに伴うまちの景観などについて学習を深める。
学習活動
  • 体験活動など
    ・校区体験
    ・子どもバーレー体験・ハーレー観覧
    ・旗頭づくり・綱引き・チンク隊参加
    ・糸満市風景づくりシンポジウムで発表
  • 調べ学習
    ・NPOと一緒に、書籍、パソコン(インターネット)など
  • 講話
    ・ハーレーの由来について
    ・白銀堂について
    ・糸満大綱引きについて
準備品
  • ハーレーで使うウェークや鉦
  • 調べ学習に使う資料(本など)
  • パソコン(インターネット)
  • 旗頭をつくる色紙など
実施体制
  • 授業実施/糸満小学校
  • 事業主体/沖縄県土木建築部都市計画・モノレール課
  • 協力/糸満市建設部都市計画課
  • 企画・進行/景観整備機構(NPO 沖縄の風景を愛さする会)
  • 講師協力/NPOハマスーキなど


ページの先頭へ戻る