学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

学習の流れ

つかむ

学校のまわりを知る(4月22日)
場所
  • ロータリー
  • 糸満漁港
  • 市場
  • 白銀堂
  • 山巓毛(さんてぃんもー)
写真:屋上緑化モデル庭園
概要
  • 学校の近くの漁港や由緒ある白銀堂や山巓毛があることを気づかせる。
  • 校区探検をして気づいたことからハーレーについて学習することをとらえる。
児童の
反応
  • アンマー市場、漁港、白銀堂をまわる探検にいきました。アンマー市場にはあざやかな魚がありました。
  • さんてぃんもーから建物なので港が見えなくなるとハーレーの旗合図ができなくなります。


ひろげる

ハーレーについて知る(5月22日)
場所 体育館 写真:屋上緑化モデル庭園
概要
  • ハーレー体験(実際に使うウェークや鉦を用いた模擬体験)。
  • ハーレーの由来についての話を聞く(講師:NPO法人ハマスーキ、上原謙氏)。
児童の
反応
  • 鉦の音に合わせて漕ぐのが難しかった。海の上で漕ぐのはもっと難しそう。
白銀堂について知る(5月30日)
場所 体育館 写真:屋上緑化モデル庭園
概要
  • 白銀堂について話を聞く(講師:陶信窯、金城信氏)。
児童の
反応
  • 大きな行事のときはかならず白銀堂にお祈りするのがわかりました。
糸満大綱引きについて知る(9月5日)
場所 体育館
パソコン教室
写真:屋上緑化モデル庭園
概要
  • 旗頭について(由来や旗頭の揚げ方など)(講師:商工観光課長上原司氏)。
  • 糸満大綱引き(講話)パソコン学習(講師:西川寛之氏)。
児童の
反応
  • 旗頭のトゥールの上には神様がやどっている。人びとの願いや思いがこめられていることがわかった。
  • 調べたこと以外のも新しいことにきずくかもしれないので、旗頭や綱引きに出たいと思いました。
NPOの講師らとハーレー、白銀堂について調べ学習を行う(6月6日)
NPOの講師らと大綱引きについてインターネットで調べ学習を行う(10月9日)
旗頭をつくる(11月10日)
大綱引き大会を行う(12月6日)
場所 教室
体育館
写真:屋上緑化モデル庭園
概要
  • ハーレー、白銀堂について調べ学習を行う。
  • ハーレーについての疑問はてな?課題を考えさせる。
  • それぞれの課題を解決するために講師などと一緒に調べ学習を行う。インターネットで調べる。
  • 旗頭をつくる。
  • 綱引きを行う。
児童の
反応
  • 旗頭のトゥールの上には神様がやどっている。人びとの願いや思いがこめられていることがわかった。
  • 調べたこと以外のも新しいことにきずくかもしれないので、旗頭や綱引きに出たいと思いました。
子どもバーレーを体験する(6月11日)
糸満ハーレーを観覧する(6月12日)
場所 糸満漁港 写真:屋上緑化モデル庭園
概要
  • 実際のハーレーを体験したり観覧する。
児童の
反応
  • はじめて子どもバーレーにでた。前の人とウィークをこぐリズムが少しずれ前にあまり進まないが2位。来年もやりたい。


まとめる

壁新聞をつくる(6月末)
場所 教室 写真:屋上緑化モデル庭園
概要
  • 紙芝居、ビデオでの学習。
  • ハーレーと白銀堂の調べ学習をグループで壁新聞にまとめる。
児童の
反応
  • ハーレー学習でわかったことまとめた新聞をみんなで協力してつくりました。題名は「中村、西村、みいじま新聞」。
糸満市風景づくりシンポジウムで発表する(12月15日)
場所 糸満市農村環境改善センター 写真:屋上緑化モデル庭園
概要
  • 糸満市風景づくりシンポジウムで発表する。
児童の
反応
  • 地域のたくさんの人たちに、ハーレーや大綱引きについて勉強したことを発表しました。


ページの先頭へ戻る