学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

学習の流れ 1日目

オリエンテーション(20分)

場所
  • 南原小学校校舎2階多目的広場
浦添小学校
概要
  • 担当の先生から今日の活動についての説明を受ける。
児童の
反応
  • 先生方の詳細な説明があり、よく理解していた。


校外学習(135分)

場所 校庭に集合の後、各風景学習エリア

  • エリアA
  • エリアB
  • エリアC
  • エリアD
浦添小学校

浦添小学校

概要
  • 3年1組・2組で、それぞれ5~6人毎のグループ(合計8グループ)を編成し、各エリア毎に1組.・2組から1グループずつ割り当て、郊外学習を実施する。
  • 各グループには講師・先生他、誘導・安全確保・記録のためのスタッフが同伴。
児童の
反応
  • 徐々に生活・自然環境、歴史的風景に関心を持っていった。一部、注意散漫で落ち着きのない子も見られた。


発見した風景の発表・講師への質問(60分)

場所 南原小学校校舎2階多目的広場 浦添小学校
概要
  • 各グループで撮影した風景写真をOHPプロジェクターで映写し感じたことを発表、各自の質問に対して、教育委員会の前田講師より、歴史・環境を踏まえた解説をおこないつつ、子供たちの持った興味などを聞くなど、やり取りを行う。
児童の
反応
  • 農産物の販売所、集落内のシーサー、ヒンプン、屋敷林、勝連城跡や周辺の池、干潟や川に見る生き物の風景などについて、多くの質問・感想が出ていた。


ページの先頭へ戻る