学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

石垣市立川平小学校(平成27年度)

伝えよう、川平の文化、つなげよう、川平の心


学習のねらい
  • 川平に伝わる神事や御嶽の役割にふれ、地域の人(地元専門家)の話や体験学習を通して、その良さや人の思いに気づく。
  • 課題発見後の追及、まとめ、発表等学習過程を通して、川平の伝統や原風景を未来へ残していこうとする心情や態度を育てる。
学習活動
  • ゲスト講師と一緒に、神事の場(御嶽)を巡り、その由来や役割などから川平村の原風景を捉えた。各自の気づきを深め、中・高学年ごとに地域の伝統の魅力を取りまとめ、発信した。(※講師派遣、NPO 支援)

    ①H27.9~10 体験学習(結願祭の準備と参加:地域主体)
    ②H27.11.5 ゲストの講話と御嶽探検(※)
    ③H27.11~12 調べ学習・まとめ(壁新聞作成:学校主体)
    ④H28.1.31 発表会(学校主体)
    ⑤H28.2.2 振り返り(学校主体)

準備品
  • ワークシート(学校にて準備)
  • 探検導入時の PPT 資料(学習のめあて/地区資源の概要説明/参考文献『川平の歴史』)
  • 探検ルート地図、移動用の車の手配
  • 探検バック、筆記用具、カメラ(各自)
実施体制
  • 授 業 実 施/川平小学校
  • 事 業 主 体/沖縄県土木建築部都市計画・モノレール課
  • 協   力/石垣市建設部都市建設課
  • 企画・進行/景観整備機構(NPO 沖縄の風景を愛さする会)
          石垣設計事務所
  • 講 師 協 力/ 高嶺聡史((有)高嶺酒造所)


学習の流れ

つかむ(2.5h)

【体験学習】 H27/9中旬~10上旬
場所
  • 川平村内群生御嶽
概要
  • 事前学習として川平村の伝統行事・結願祭等を体験する。
児童の
反応
  • 実際の行事に各自が自主的に参加することで、その雰囲気を肌で感じとることができた。
【講話と探検】 11/5(2.5h)
場所
  • 学校→群星御嶽→(川平貝塚)山川御嶽→宮鳥御嶽→(川平湾)浜崎御嶽

概要
  • 学習のめあてを確認後、講師の高嶺聡史氏と共に川平村を周り各御嶽の役割や神事行事(3大祭)、伝統文化等の概要にふれ、それに関わる人の思いや、暮らし(食・命)とのつながりを知る。
  • 現場での見聞きから、気づいたことをワークシートにメモし、心に残った風景を振り返る。
児童の
反応
  • 結願祭の意味すら知らなかった児童もいたが、次第に聞く態度や顔つきに変化が見られた。


調べる/まとめる(6h)

【制作活動】 11/9 ~ 12/18
 3~4年生:毎週火曜日 1・2校時、5~6年生:毎週金曜日 3・4校時

場所
  • 各教室

概要
  • 各自が「つかむ」で興味をもったことを神事行事に参加する父兄や知人にインタビューし、本からの情報収集等調べ学習を進め壁新聞にまとめる。
  • 5~6年生は結願祭に参加した際、調べた事を深めてとりまとめる。
児童の
反応
  • 話し合って自分たちの学んだことを人に伝えるための工夫や努力をしていた。


伝える(1h)

【発表会】 H28/1/31
場所
  • 体育館

概要
  • 学習発表会の場で保護者や他学年に向け、学んだことを各自が役割分担して発表する。
  • 3~4年生と5~6年生に分かれ、それぞれ複数のグループを編成。順番を決め各グループが2サイクルで展示発表を行う。
児童の
反応
  • 地域の人や友達、皆が見ている前で臆することなく、堂々と発表していた。


振り返る(1h) 2/2

場所
  • 各教室

概要
  • 事後学習としてホームルームの時間に、これからの地域(風景)学習にむけて今年度の学習を振り返る。
児童の
反応
  • さらに深く学びたいという意欲が見られた。


児童の作品(作業成果)


先生の声

実施にあたり工夫した点・苦労した点

<工夫した点>

  • 児童は普段から行事に参加しているが、由来や意義を知らない子も多く、入門編としてその概要のみならず、地域の人の思いにもふれさせることを意識した授業づくりをゲスト講師と共に行った。

<苦労した点>

  • 村の歴史は長く独特の文化があり理解するのに時間が掛かるため、根気よく学習を深める必要がある。
  • 神事行事は年間を通して計画されており、その合間をぬって学習を進めるには周到な準備が必要となる。

<改善したい点>

  • 今回は3~6年生の合同授業としたが、今後は発達段階に応じた学習計画を別々に立て年間計画に組み込みたい。様々な側面から地域を見つめられるように、もっとゲスト講師の発掘もしていきたい。


児童の反応

  • 「今まで何気なく参加した行事もその意味を知るとやりがいが違う気がする。」「学習をした事を多くの人に伝えていきたい。」等、神事行事を捉える意識に高まりが見られた。
  • 「川平村にある5つの御嶽をこれまで以上に大切にしたい。」「御嶽でのルールやマナーをしっかり守っていきたい。」等、環境・景観面や御嶽に対する心構えに変化が見られた。


教師として得られた点

  • 神事行事に取り組む方々の思いにふれ地域理解も深められた。これまで以上に地域と連携した授業づくりをすることができた。
  • 児童が学校外で地域の方とともにどんな経験をしているのかを知り、児童理解へとつながった。


ページの先頭へ戻る