学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

浦添市立浦添小学校(平成27年度)

ふるさとの良さを伝えよう!~古都・浦添の宝の風景~


学習のねらい
  • 校歌に歌われる浦添グスク周辺の風景を歩き、その歴史や「場」の意味にふれ、学校が由緒ある場所にあることに気づかせる。
  • 地域の風景を守り育てるための知恵と工夫、人の思いなどを知ることで、身近な風景を大切にする心と態度を養う。
  • 未来に残す宝ものとして「ふるさとのいいところ」身近な風景の魅力を、友人や後輩3年生に伝え、今後の学習へ活かすことができるようにする。
学習活動
  • 「ふるさとの良さを伝えよう」と学校背後にある浦添グスクや仲間ムラを地元ガイドともに探検し、各自が見つけた風景資源(宝)をテーマにグループ学習を進め、その成果を3年生に発信した。(※講師派遣、NPOによる学習支援)

    ①H27.7.14 講話と探検(※)
    ②H27.8~9 夏休みの自主学習(学校主体)
    ③H27.9.29 調べ学習と風景づくり授業(※)
    ④H27.12~ 調べ学習の継続とまとめ ( 学校主体 )
    ⑤H28.1.26 学習成果発表(学校主体)
    ⑥H28.2.4  振り返り

準備品

<探検学習>

  • ルートマップ、ワークシート
  • 補助記録紙(白紙)、マーカー(スタッフ用)
  • 探検バッグ、水筒と帽子、筆記具(各自)
  • 熱中症対策用のあめ玉・塩の用意


<調べ学習>

  • 参考資料、古写真、グスク模型、補助記録紙
  • 浦添市風景づくりの取組み(PPT 作成資料)
実施体制
  • 授 業 実 施/浦添小学校
  • 事 業 主 体/沖縄県土木建築部都市計画・モノレール課
  • 協   力/浦添市都市建設部美らまち推進課
          浦添市教育委員会文化部文化課
  • 企画・進行/景観整備機構(NPO 沖縄の風景を愛さする会)
  • 講 師 協 力/仲間自治会(比嘉鉦由・宮城重哲・又吉武市・銘苅寛)、
          うらおそい歴史ガイド友の会 ( ガイド6名 )


学習の流れ

ふれる(5h)

※ H27/7/14【校長先生の講話】(0.5h)
場所
  • 地域連携室


概要
  • ・担任の指導により1クラス2グループに分かれて整列。※校長先生から今日のねらいを聞く。「校歌」の歌詞には浦添王都220年の歴史や美しい風景が詠われていることを伝え、王様の見た浦添歩いて見てみようと学習へ興味を持たせる。
児童の
反応
  • ・「浦添王都は何年続いた?」「三王統は?」校長先生の問 いかけに「はい!」 と手をあげ元気よく答えていた。
【探検学習】(35h)
場所
  • 浦添グスク~仲間ムラ


概要
  • 1学級2班(合計6班を編成)に分かれて、担当ガイドと探検ルート、注意 事項等を確認する。
    グスク探検では、ようどれ、城の前の碑等を巡り、また、ようどれ館やガイダンス施設(レプリカや地図、ビデオ)を利用して浦添王都の記憶をたどる。
    仲間ムラでは、樋川やウタキ、古い石垣等、歴史の痕跡を歩き、地域が大切にする信仰やまちづくりの風景にふれる。
    気づいたことをワークシートに記入する。
児童の
反応
  • ようどれの石積みの技術に驚き、グスクからの眺望には「きれい!」と校歌の歌詞に納得していた。
  • 仲間樋川では水が工夫され大切に使われていたことを知り、地域の知恵に感動!まちづくりの話にも熱心に耳を傾けた。
【振り返り】(1h)
場所
  • 各教室

概要
  • 探検後の授業で、各自が心に残った風景(場所・事がら・景色など)を振り返り、次の調べ学習につなげる。


つかむ(4h)

9月上旬 各自のテーマ の設定(3h) ※ウェビング手法等の活用
場所
  • 各教室

概要
  • 各自のテーマ(風景資源)について、調べたい事(疑問点)をつかむ。
  • 調べ学習のグループを編成して質問事項を整理し、ゲスト講師へのインタビューに備える。
児童の
反応
  • 浦添グスクの大きさは?水はどこから?など、各自の調べ学習の方向が見えてきた。


広げる(2h)

9/29 【調べ学習】
場所
  • 1hずつ時間をずらして各教室で実施
    4年1組→4年3組→4年2組

概要
  • テーマ(グループ)ごとに分かれ、児童の進行でインタビューし、大切なことを分かりやすくメモする。グループにはゲスト講師2人(ガイドや行政職員、サポーターとしてのNPO)が付く。
  • 調べ学習のグループを編成して質問事項を整理し、ゲスト講師へのインタビューに備える。
児童の
反応
  • 深く知りたい意欲から講師が見せる資料に身を乗り出し覗き、納得すると笑顔がこぼれていた。
【浦添の風景づくり講話】
場所
  • 地域連携室(4時間目:3学級合同授業)

概要
  • 市職員(文化・景観)による授業。パワーポイントや模型を活用し、浦添グスクの復元やまちづくりの取組み、「思い」を伝え、児童と意見交換を行う。
児童の
反応
  • グスクに似あうまちなみを整備し、未来に伝えたいとの話に、深くうなづいていた。


まとめる/表現する(14h)

H27/12月~H28/1月 【調べ学習】【制作活動】
場所
  • 各教室


概要
  • ゲスト講師からの資料やインターネット等を活用して各自で調べ学習を深めてとりまとめる。
  • ・グスクやようどれ、仲間樋川等の歴史・風景について3年生へどの方法で伝えるか(新聞、紙芝居、動画等)、グループでアイディアを出しあう。絵や写真、文字の大きさを工夫する。
児童の
反応
  • 自分達の発見したことをちゃんと伝えるんだ!という気持ちから発表までのスケジュールを確認し、知恵をし合い、グル―プ学習に励んでいた。


伝える(2.5h)

発表準備(1h)
場所
  • 各教室
概要
  • 先生の指導により「大きな声で、あわてない、はきはきと」発表の仕方に注意して1グループ8分程度で全員が発表できるように練習をする。
H28/1/29 【発表会】(1.5h)
場所
  • 各教室
概要
  • 4年の各教室に3年生を迎え、各自の演出で発表し、3年生に質問等を促す。
  • 3年生はワークシートにわかったこと等をワークシートに記入する。
児童の
反応
  • 発表を無事やり終えると「次は3年生が風景学習を頑張ってください」と後輩へエールを送っていた。


振り返る(1h)

H28/2/4
場所
  • 各教室
概要
  • これまで取り組んだ風景学習を振り返り、わかったこと、難しかったこと、これから何に活かしていきたいか、という視点でワークシートに記入した。


児童の作品

風景学習の成果を紙芝居、壁新聞、ペーパーサーブ、写真、絵地図、P.C等で多彩に表現した。各自が見つけた浦添の歴史やよい風景を伝えようと、次年度学習を行う3年生にむけて、楽しくわかりやすいプレゼンテーションを頑張った。


先生の声

実施にあたり工夫した点・苦労した点

  • 目的意識を持って、活動させるようにした。
  • 子ども向けの資料があると、さらに理解が深まると思った。
  • 年間の指導計画と風景学習の内容や流れが合っていないので、(次年度の総合学習のカリキュラムにおいて)指導計画を見直す必要がある。(⇒また次年度は3学期制へと変更する)


児童の反応

  • 浦添の歴史などについて、話を聞いたり、資料で調べたりする活動を楽しんでいた。
  • 調べたことをまとめるのは、難しいと感じた児童が多かった。
  • 調べたことを3年生に伝えることを楽しんでいた。


教師として得られた点

  • 浦添地域について詳しく知ることができた。
  • 身近な場所を教材として子どもたちに学ばせることができた。(地域の良さを学ばせることができた)
  • 地域の方々を講師として活用することができてよかった。(地域人材の協力による学習活動支援)

ページの先頭へ戻る