学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

第一回研修会

第一回研修会

実施日:平成26年2月13日(木)13:30~17:00

場所:浦添市てだこホール

構成と実施方法

●Kel_まちづくりネットワーク代表 塩見寛氏による講演

テーマ「景観行政と住民合意形式について、その具体的な方法」

●地域合意形成をテーマとしたワークショップ

テーマ「住民の関心を高め多くの参加を得るための方法について」「景観計画の各段階における周知方法について」「行政内の合意形成と連携体制について」(3つのテーマごとにファシリテーターやグループ構成を変えて議論する。)

#

時刻・所要時間 内容 スタッフ及び備品
1.ワークショップの目的、方法の説明
14:40~14:50
(10分間)
①目的の説明

②方法の説明

③質問

①リーダー

②ファシリテーター

③記録者

④ホワイトボード

⑤手元資料

2. テーマ1

A→参加

B→周知

C→庁内連携

14:50~15:20
(30分)

①各グループのファシリテーター自己紹介。

②各参加者の所属市町村名程度の自己紹介とそれぞれのテーマに沿って課題となっている事例についての説明。

A:「地域の合意形成で住民の参加という点で課題となっている事例について」

B:「地域の合意形成で住民や関連事業者への周知という点で課題となっている事例について」

C:「各参加者の所属市町村名程度の自己紹介と各自治体での庁内の連携についての現状について」

③1つの具体的な課題について、順番にアイデアを出し合う。

④ファシリテーターが提案されたアイデアを確認する。

①記録書

②ICレコーダー

③メモ(A5サイズ)

※塩見さんと池田理事長は適宜各グループに参加

3.席移動

15:20~15:25
(5分間)

参加が席を移動する。

A→周知

B→庁内連携

C→参加

(ファシリテーターと記録者は同じテーブル)

4.テーマ2
(1と同じ)

15:25~15:55
(30分間)

(テーマ1と同じ手順)

模造紙は変えず、そのまま書き加える。

いっぱいになったら別紙を用意する。

①記録書

②ICレコーダー

③メモ(A5サイズ)

※塩見さんと池田理事長は適宜各グループに参加

5.席移動

15:55~16:00
(5分間)

参加が席を移動する。

A→庁内連

B→参加

C→周知

(ファシリテーターと記録者は同じテーブル)

6.テーマ3
(1と同じ)

16:00~16:30
(30分間)

(テーマ1と同じ手順)

模造紙は変えず、そのまま書き加える。

いっぱいになったら別紙を用意する。

①記録書

②ICレコーダー

③メモ(A5サイズ)

※塩見さんと池田理事長は適宜各グループに参加

7.まとめ(池田理事長と塩田氏のミニ対談)

16:30~17:00
(30分)

①各ファシリテーターが3つのテーマでアイデアのまとめを発表する。

(合計10分程度)

②それを受け、池田理事長と塩見氏で、「今後求められる行政コーディネーターとは」についてミニ対談。

(グループを変え話し合った意味と話し合いで出たアイデアを事務局がまとめて後日提供することを説明)

①記録書

②ICレコーダー

③メモ(A5サイズ)

※塩見さんと池田理事長は適宜各グループに参加

8.終了 進行役から第1回研修会の終了と第2回の予定説明。

ページの先頭へ戻る