学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

基礎研修

基礎研修

基礎編研修は、景観に携わる行政の方々が基本的に理解していただきたい、景観理論や関係法、また景観に大きな影響がある公共施設、ランドスケープ、色彩さらに地域住民との協働のためのファシリテーション技術などでプログラムを構成しました。また、現地視察により、住民と行政の協働の状況を確認し、参加者相互の意見交換の場もつくりました。

《第一日目》
実施日時 平成26年8月27日(水)10:00~17:00
場  所 浦添市てだこホール(第1多目的室)
テ ー マ
  • ガイダンス
  • 沖縄の景観・風景づくりについて(景観法と景観行政)
  • 住民参画による風景・景観まちづくり景観まちづくりと住民参加
  • 合意形成のためのファシリテーション
《第二日目》
実施日時 平成26年8月28日(木)9:00~17:00
場  所 浦添市てだこホール(第2多目的室)
事例研究(県内現地視察):那覇市首里地区・北中城大城区
テ ー マ
  • 景観の見方・県内事例・現場での実践例・景観法などの話題
  • 公共施設の景観デザイン
  • NPO法人首里まちづくり研究所の風景まちづくりと活動状況について
  • 地域と行政の役割について。地域住民とともに夢を持つこと
《第三日目》
実施日時 平成26年8月28日(木)9:00~16:00
場  所 浦添市てだこホール(第2多目的室)
テ ー マ
  • ランドスケープデザインと緑化
  • 景観と色彩計画
  • 基礎編のふりかえり・コーディネーターの役割とは

ページの先頭へ戻る