学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

県外先進地事例研修

関東地方


実施日 平成27年10月14日~16日
場 所 静岡県熱海市、神奈川県藤沢市
研修内容 熱海市では、海岸に面した温泉街である「東海岸町景観地区」を対象に沿道や斜面地でのホテル、マンション建設の動向と問題点、沿岸のプロムナード整備の状況を視察・説明を受けた。
藤沢市では、辻堂駅前の工場跡地再開発商業センターと連動した「湘南CX(シークロス)景観地区」、歴史的、神社の島である「江の島景観地区」を視察し、商業地区での広告物の誘導の工夫や観光地での遠望景観の保全等、示唆を得た。


中国地方


実施日 平成27年11月10日~12日
場 所 岡山県倉敷市、広島県尾道市
研修内容 倉敷市における「倉敷市伝統美観保存条例」による「倉敷川畔美観地区」は商家と武家の屋敷が川沿いに並ぶ歴史的景観地区であり、重要伝統的建造物群保存地区にも指定されており、歴史的町並みの保存と合わせながら地区の商業・観光の活性化に取り組んでいる。
尾道市は、尾道水道(海岸)と市街中心部及び斜面地域を含めた広大な範囲を「尾道市景観地区」として指定し、丘陵部の展望台、寺社及び緑地の保全、市街地の建築物及び広告物のコントロール、沿岸地区のプロムナード整備など、多様な景観形成に取り組んでおり、景観行政として多くの示唆を得た。

ページの先頭へ戻る