学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

第1回研修会:県内先進地事例研修

平成27年8月23日(日)

時 間 10:30~11:30
場 所 名護市勝山集落
内 容 「山々」と「シークヮーサー」や「山羊」の3つの宝で集落全体のムラ興し

人口減少に歯止めをかけるため、近隣から多くの人が訪れる山や自然、集落で昔から重要な換金作物であるシークヮーサー、集落の人から愛されていた山羊を活かすことにより活性化を図っているという説明を受けました。


時 間 12:00~13:00
場  所 名護城公園内ビジターセンター
内 容 新しい形での指定管理のあり方

平成27年度からは、指定管理者と(株)ジザイカンパニーが共同で運営する名護城公園ビジターセンターがオープンしています。今後は新しい情報発信を行うことで、来園者を増加させて来館者を増やします。来館者の増加が売上の増加を生み出し、サービスの向上につながることで新たな情報発信を行うことができます。このサイクルを回すことで、来園の増加を目指しているという説明を受けました。


時 間 13:30~14:30
場  所 津嘉山酒造所
内 容 伝統的赤瓦家屋の泡盛製造工場の木造骨組みの見学

重要文化財に指定された津嘉山酒造所ですが、老朽化が進んでいたため、現在は修復工事を行っています。現在解体中ですが、今だからわかる木造の建物の様子を見学しました。

ページの先頭へ戻る