学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

第2回全体講習会

平成30年1月22日

講義1
内 容 姉小路界隈における景観まちづくり
目 的 県内外の景観まちづくりの実務経験者を講師に迎え、事例を通じた住民主体の景観まちづくりの方法等について学ぶ
講 師 姉小路界隈を考える会 事務局長 谷口 親平
場 所 奥武山公園・奥武山公園総合運動場武道館内 会議室

姉小路界隈での活動の経緯及び活動内容、ホームページの開設、姉小路まちづくり通信や掲示物による活動の周知の方法についてご紹介いただきました。また、今までの活動を通じ、良好な建物等が整備されつつあるなどまちづくり活動が全体へ広がっていることについてご紹介いただきました。


講義2
内 容 沖縄県の風景学習の実践
目 的 県内外の景観まちづくりの実務経験者を講師に迎え、事例を通じた住民主体の景観まちづくりの方法等について学ぶ
講 師 NPO法人 沖縄の風景を愛さする会 安里 直美
場 所 奥武山公園・奥武山公園総合運動場武道館内 会議室

沖縄における風景学習事業の背景は、観光振興と併せて本土と異なる県風土の特性を再認識し、沖縄らしく美しい風景を取り戻すための風景づくり推進事業に取り組むことであることをご説明いただきました。その後、実際に実施した小学校での風景学習の実例について紹介をいただきました。


パネルディスカッション

コーディネーター:琉球大学名誉教授 池田 孝之
パネリスト:姉小路界隈を考える会 事務局長 谷口 親平
      NPO法人 沖縄の風景を愛さする会 安里 直美

姉小路界隈を考える会の協議会構成メンバーや組織体制、活動拠点、転売、改築に対する意見交換会制度の活用方法、地域合意の形成、継続を維持する方法などについて意見交換を行いました。
また、風景学習の取り組みを広げていくための方法について意見交換を行いました。

ページの先頭へ戻る