学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

令和2年度の取り組み

これからの風景づくりにむけては、モデル地区(壺屋地区、金城町地区、前田地区、浜比嘉地区、字豊見城地区、竹富島地区)の個性や課題、可能性に対する気づきを促し、地域景観リーダーの活動の場づくりや目標づくりに向けて知見を広げるなど意識醸成を図るとともに、リーダー間のネットワーク化や行政担当者との連携づくりをねらいとして、全3回(講習会2回、事例視察1回)の研修会を実施しました。

ページの先頭へ戻る