学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

やんばるの森景観域(4市村)

国頭村・大宜味村・東村・名護市

イメージ:ヤンバルの森景観域

沖縄本島の自然の宝庫であるやんばる地域において、眺める対象としてのやんばるの森とそれを取りまく海岸線の景観は、区域の中心となる景観です。これらの景観が損なわれることなく今後とも維持継承できるよう、やんばるの森及び塩屋湾から辺戸をめぐり平良湾を経て一周する海岸線を含む区域をやんばるの森景観域として設定しました。

風景づくりのキーワード
風景の保全・回復 風景の創出
  • 代表的な視点場から海への眺望
  • 山並み・稜線
  • 自然の地形の尊重
  • 集落・田園景観との調和

ページの先頭へ戻る