学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

八重山景観域(3市町)

石垣市・竹富町・与那国町

イメージ:八重山景観域

石垣市を中心に、周辺の島々で構成される区域です。西表石垣国立公園などのダイナミックな森林・湿地・礁湖と放牧等の農村風景、重要伝統的建造物群保存地区、海浜リゾートが展開しています。また、石垣市の中心市街地が立地するなど、島々の個性ある生活文化が息づく地区です。その中では圧倒的なまわりの自然を基盤として、島ごとの暮らしや生業、行事などの総体が日常生活としてあります。したがって広域景観域としては、自然・暮らし・生業・行事等のすべての営みを含めて八重山景観域として設定しました。

風景づくりのキーワード
風景の保全・回復 風景の創出
  • 伝統的集落
  • 代表的な視点場から海への眺望
  • 特色ある自然(山、海・海岸、川、島々 等)
  • 集落・田園景観との調和

ページの先頭へ戻る