学ぶ/沖縄の風景づくりの取り組み

環金武湾景観軸(3市町村)

宜野座村・金武町・うるま市

イメージ:環金武湾景観軸

金武湾域は、勝連半島を中心に半島丘陵や海中道路、島々等多様な要素を含んだ優れた島しょ空間を有しています。西海岸の賑やかなリゾート海岸とは趣の違った、穏やかで美しい海岸が広がり、隣接する集落には、石垣、御嶽(林)等伝統的な集落景観及び田園空間が広がっています。良好な海への眺めや島しょ景観への眺めを遮ることのないよう配慮し、伝統的集落や田園空間と調和した景観形成を図るため、環金武湾景観軸として設定しました。

風景づくりのキーワード
風景の保全・回復 風景の創出
  • 代表的な視点場から海への眺望
  • 山並み・稜線
  • 自然の地形の尊重
  • 集落・田園景観との調和

ページの先頭へ戻る