守る/沖縄の風景の特性

沖縄の風景の特性

本県は、亜熱帯海洋性気候の下、年間を通して温暖で、貴重な動植物が生息・生育する緑豊かな島しょ県です。その一方、台風常襲地帯として厳しい自然と対峙してきました。また、沖縄の歴史及び文化的特性は、我が国の中でも独特のものがあります。かつて琉球王国として、中国、東南アジア諸国等との交易・交流を通じて形成された琉球文化に、戦後米国からの影響等も加わり、国際色豊かな文化、生活様式を育んできました。

沖縄の風景特性は、このような豊かで時には厳しい自然環境と、固有の歴史伝統に特徴づけられる地域特性を基本としながら、時間をかけて自然と人間の活動が相まってつくりあげてきた、地域における生活の姿そのものにあります。

このような沖縄の風景を「自然・歴史」、「地域の特性」、「人とくらし」と類型化し、また、リゾートや基地跡地利用等の大規模開発、道路・河川・海岸等の公共施設や空港・港湾等の拠点施設などによる新たに創造された沖縄の風景を「公共空間等」として類型化しました。  

また、景観を構成する主要な要素や景観の広がりが共通認識できる広域の圏域として本島北部、本島中南部、本島周辺離島、宮古、八重山の5つの圏域を設定し、主要な景観資源を整理しました。

しかしながら、広大な海域に散在する島々ごとに特有の風土や文化があり個性ある地域圏を育んでいることから、具体的な風景の姿は一括りに捉えられるものではなく、それぞれが地域の自然や歴史・文化、時代の変遷を背景とした多面性を持つものとして理解する必要があります。

自然・歴史

地域の特性

人とくらし

公共空間等


ページの先頭へ戻る