守る/沖縄の風景の特性

風景づくりの考え方

沖縄県では、ゾーニング*に応じた景観づくりの方向性をイメージしやすくするために、沖縄県の風景を6つに類型し、それぞれの特徴に応じた景観形成の視点についてご説明します。

また、市町村が景観計画を策定する際には、必ずしも類型に基づく必要はなく、それぞれの特性に応じて、よりきめこまかなゾーニングを行うことが望まれます。

*ゾーニングとは、風景づくりにおいて景観特性や課題に応じた、地域別または類型別などで区分けにして、領域を分けること。

ページの先頭へ戻る