守る/沖縄の風景の特性

2.自然海岸

目標

亜熱帯地域の美しい自然海岸の風景の保全・回復等を図る。


取り組み方針

亜熱帯地域の美しい自然海岸風景の保全・回復を図る。

侵食海浜*の再生や赤土流出防止・下水処理等水質汚染対策・海岸保全施設の改善等に努めるなど、沖縄県の観光・リゾートの魅力の基盤である美しい海岸線をいかした風景の保全・回復を図ります。

 *侵食海浜:海や砂浜で,堆積定着する土砂の量が流出する土砂の量を下回り、汀線(波際の境界線)が後退すること。

地域の経済活動と調和した美しい自然海岸の保全・回復を図る。

亜熱帯の海をいかした海浜レクリエーションや各種海洋療法等の健康づくりなど、地域間交流を広げ地域の経済活動と調和した自然海岸の保全・回復を図ります。


主な対象例
  • やんばる海岸線(沖縄海岸国定公園、国頭東海岸)
  • 本部半島の海岸線(今帰仁海岸、本部海岸等)
  • 本島西海岸線(沖縄海岸国定公園等)
  • 本島東海岸線(金武湾、中城湾)
  • 本島南部海岸線(沖縄戦跡国定公園等)
  • 本部周辺島々の自然海岸(県立自然公園等)
  • 宮古の自然海岸(県立自然公園等)
  • 八重山の自然海岸(西表石垣国立公園等)

取り組み事例

写真:取り組み事例1

写真:取り組み事例2

ページの先頭へ戻る