守る/沖縄の風景の特性

6.農村

目標

 農地・緑地をいかした農村風景の保全・育成等を図る。


取り組み方針

農地・緑地の文化的風土景観が維持できる農村風景の保全・育成を図る。

そこに暮らす人々の営みがつくりだす農地・緑地の文化風土景観が維持できる農村風景・田園風景の育成・回復を図ります。

農地・緑地が持つ多面的な機能をいかした農村風景の保全・育成を図る。

農地・緑地が有する地域の個性や水源涵養*、防災、環境形成等の多面的な機能をいかした風景の育成・回復を図ります。

* 水源涵養:森林の土壌が降水を溜めこみ、河川へ流れ込む水の量をやわらげて、川の流量を安定させる機能

主な対象事例
  • 伊平屋村・伊是名村の水田
  • 東村のパイン畑
  • 金武町の田芋畑
  • うるま市のビーグ畑
  • 読谷村の紅いも畑
  • 中部地域のさとうきび畑
  • 宜野湾市の田芋畑
  • 南部地域のさとうきび畑・野菜畑
  • 南北大東のさとうきび畑
  • 宮古島市のさとうきび畑
  • 石垣市の牧野・水田・パイン畑
  • 与那国町の牧野
  • その他農業基盤整備地区 など

取り組み事例

写真:取り組み事例

ページの先頭へ戻る