知る/沖縄の風景づくりの変遷

”美ら島沖縄”風景づくり

「風景」とは、地域の「顔」

風景とは人々の日常の活動範囲で視覚等を通して主観的にとらえる印象に加え、それぞれの地域における人々の暮らしや歴史文化的背景、また自然環境等を含めた地域の人々の生き様を総合的に表現するものとしてとらえたいものです。

まず、この風景という文字の持つそのものの意味、成り立ちについて考えることにします。
「風」とは元来方位の神様の下にいる、地域の特徴、固有の文化等を他の地域に伝える神であることから、「地域の趣や雰囲気」を表すものと考えられます。
また、「景」とは 柱の影で時間や季節を計ることであり、自然環境や生活環境の中での人々の「活動のあり様」、つまり「暮らし方の指針」を示すものです。
このことから「風景」とは、単なる景観、景色にとどまらず、日々変化する自然環境、生活スタイル(暮らし方)と調和のとれた、その地域の特性や趣を示すものであり、また弛まぬ努力により作り上げられる地域固有の生活の記憶であり、そこに住む人々の「アイデンティティ」つまり地域の「顔」と考えられます。

「沖縄らしさ」とは

沖縄は亜熱帯・海洋性気候の「自然環境面」や、琉球王朝以来、東アジア諸国との交易交流から形づくられた「歴史的・伝統的イメージ」など全国でも際立った地域特性を有しています。

沖縄における現実の風景は、このような沖縄の地域特性や地域イメージを基本としつつ、人々の生活・経済活動により、日々「新しい風景」に作りかえられています。

これまで時間をかけて「自然と人間の活動」が相まってつくり上げられてきた、地域における生活の姿そのものが「沖縄らしさ」であり、また今後我々が生活を営む中で努力してつくり上げるべきものです。

つまり「沖縄らしさ」とは、沖縄の各地域でつくり上げられる「生活の趣」を尊重し「沖縄風」を目指す過程で、実現されるものとなります。

「沖縄風」の要素

眩しい太陽の光と、その光が際だたせる昼の色彩や郊外の満点の星空が照らす夜の色彩、そして「やんばる風」「宮古風」「石垣風」等、各地域の特性を持った風の集積が「沖縄風」の要素となります。

「現代の沖縄風」を求める

地域における構造物は、新たな風景を形づくる重要な要素です。特に構造物の形と外観の素材と色合いは、風景に大きく影響を与えます。構造物の素材や色合いは、本来、その地域で入手される資源からつくられてきました。つまり、各地域においては、そこで採れる鉱物や植物により建材や塗料を使用したことによる統一性のある風景がつくられてきました。
しかし、各地域が、急速な近代化の中で、効率的画一的に整備が進められることによって、地域の「らしさ」が失われつつあります。
「沖縄らしさ」を示す風景を取り戻すには、住民等の関係者が協力協働して、地域の持つべき共通のイメージの下に、各地域における「風」を実現する継続的な努力をすることが求められます。

共通のイメージを形成していくには

共通のイメージを形成していくには住民、観光客等の幅広い視点から総合的に検討が必要です。風景は時々刻々変化するため、昼だけでなく夜間も含めた二十四時間全体を視野に入れる必要があります。また、地域ごとに、建造物の形、デザイン、色合い等で統一的なイメージを持つことが求められます。(例えば、色合いが違っても共通のイメージをもって、色調、彩度、明度等を統一させることも有効な手段となります。)

「現代の沖縄風」

「沖縄らしさ」を示す風景を取り戻すために、地域で持つべき共通のイメージは、過去の伝統的沖縄風を超えた、新しい沖縄風であり、今後我々が目指すべき沖縄風であり、その時点における沖縄風であることから、「現代の沖縄風」と定義したいと思います。
この「イメージ」を地域ごとに検討する中で、その共通認識の下につくり上げられる新しい沖縄らしさが新たな沖縄風としての「現代の沖縄風」となります。

「風」から「風格」へ

「風景づくり」には、そこに住む人々がその地域固有の自然環境や文化的な特性を自ら確認し、それを活かす弛まぬ努力が不可欠です。また、住民のみならず、関係する行政機関やそこで経済活動を行う人々、その地域以外の人々との協働作業が求められます。
21世紀の沖縄において、各地域の「風」がその地域に根付き、「風格」となるまでの不断の努力・協働を実践し、「現代の沖縄風」を実現していくことが、”美ら島沖縄”風景づくりに当たっての基本的な理念となります。

ページの先頭へ戻る